PC、スマホ疲れに! テニスボールを使った目の疲れを楽にするマッサージ

パソコン、スマホの操作

スマホやテレビ、パソコン仕事…避けづらい“目の疲れ”

パソコンやスマホ、テレビなどから発するブルーライトの眩しさは、目に大きな負担がかかると言われています。そのため仕事などでモニター画面を長時間見続ける人は、特に目が疲れやすくなるのです。

疲れ目を放っておくと…

疲れ目を放っておくと、目の奥の重みや疲労感が続くだけでなく、様々なトラブルを引き起こします。一晩寝てもとれない疲れ目は眼精疲労と呼ばれ、そのうち6割は涙の分泌量が減るドライアイの可能性が。また慢性的な頭痛や肩・首のコリ、不眠などの原因は疲れ目から来る場合があるため、日々のケアをおすすめします。

2分でできる!「福にゃんリング」「にゃんコロコロ」で目の疲れをケアしよう

にゃんコロコロ」、「福にゃんリング」はテニスボールを使ったマッサージが安全に行える健康サポートグッズです。「ボールが転がって使いにくい」「思わぬ事故につながる」といった心配がない、シンプルだけど頼もしいアイテムなんです。
もちろん市販のテニスボールだけでもツボ押しはできます! お家にテニスボールがある方はそのテニスボールで、目の疲れをケアしてみてください。

やり方

  1. 仰向けで寝ながら、各ツボに「にゃんコロコロ」、「福にゃんリング」またはテニスボールを当て、頭の重さでゆらゆらと揺らす
  2. 強く押し付けると負荷がかかるため、頭の重さのみを利用して。「にゃんコロコロ」ならソファーにもたれながらでも可。寝ながら枕に乗せても行えます。

使用時間とタイミング

各ツボ約1~2分。疲れを感じたときは、いつでも。

期待される効果

どのツボも目の疲れのほかに、頭痛、不眠、めまい、ストレス、頭の緊張を和らげるといった効果が期待できます。

刺激されるツボ

  • 玉枕(ぎょくちん):後頭部の出っぱりの両脇
  • 風池(ふうち):首筋のやや外側、うなじの窪み
  • 天柱(てんちゅう):「風池」から親指1本分内側寄りのやや下
  • 太陽(たいよう):こめかみ。目尻と眉尻の中間点より指2本分、後ろにさがった所の窪み

玉枕、風池、天柱、太陽

注 意

  • 痛みの具合によって加圧の強弱を加減してください。ただし血管が集まっている箇所なので、強く押しすぎないように気をつけて。
  • 骨を痛める可能性があるので、骨には当てないでください。また、長時間の使用は避けるようにしてください。
監修:武田浩子
あん摩マッサージ師
機能訓練指導員
介護予防指導士

使い方一覧へ

商品ラインナップ

  • 持ち運びに最適 にゃんコロコロ

    2,780円+税

  • 2個入りで使い方色々 福にゃんリング

    1,580円+税

  • お得な2個セット 福にゃんリング・にゃんコロコロセット

    4,080円+税

3100円以上お買い上げで送料無料

手軽に3分でできる!使い方
送料やお支払い方法など ご注文ガイド